My Site

2016年4月22日 at 6:58 PM

沖縄ダイビングは女性も気軽に楽しめる

2016年4月21日 at 6:52 PM

沖縄県は昭和の時代から沖縄県内の各所に存在している観光名所や旧跡、そして沖縄県の絶景スポットや景勝地をめぐる中小や大手の旅行代理店が企画した沖縄ツアー旅行が高い人気を博していますが、近年ではこれらの大手や中小の旅行代理店が企画する沖縄ツアー旅行の中に沖縄の大自然を堪能して実際に体感する事が出来る沖縄のマリンスポーツやレジャースポーツが日程の中にコンテンツとして組み込まれる事が多くなってきています。

沖縄の美しい大自然や沖縄の海を自分自身の身体で実際に体感する事が出来る沖縄ダイビングを始めとした数々のマリンスポーツやレジャースポーツですが、特に沖縄の大自然を実際に自分自身の肌で感じる事が出来るマリンスポーツとしては、沖縄の美しい透明度の高いマリンブルーの澄み切った海で熱帯魚達とたわむれる事が出来る沖縄ダイビングが高い支持を得ています。

沖縄ダイビングはダイビングを一度も経験した事がないダイビング未経験者の人や、ダイビング初心者の人でも沖縄の現地の海のダイビングインストラクターの指導と監督の下であればダイビングライセンスなしで気軽に女性の方も沖縄ダイビングを心ゆくまで楽しむ事が出来る、というメリットがあり、女性の方が気軽にゲーム感覚で楽しめるマリンスポーツとして沖縄ダイビングは年々人気が高まってきています。

ライセンス取得や遊泳体験も大変安いのが魅力の沖縄ダイビング!

2016年4月20日 at 6:51 PM

沖縄で開催されているダイビングやシュノーケリングツアーは、特に高い水泳技術がなくても小学生から参加可能な商品が多く、入門者向けの体験ダイビングは勿論、世界中の海でファンダイビングができるライセンス取得を目指すプランも多数用意されています。

又、体験ダイビングの場合は、潜水に必要な器材やウェットスーツなども予めダイビングショップがレンタルしてくれるケースが多く、その貸出代金もツアー本体価格に組み込まれている事が殆どですから、1回の潜水でも約15000円程度のコストしか掛からないのは大変お値打ちです。

ちなみに沖縄には水深5メートル程度の浅瀬の海が沢山存在するので、体験ダイビングでも基本訓練を近くのプールなどで重ねた後、即日で幻想的な風景が広がる青の洞窟や、サンゴ礁をすぐ近くで目の当たりにできる水納島などの離島でも実際に潜る事が可能です。

沖縄で安全に内容が盛り沢山のダイビングレッスンを受けたいなら、講習を受けるショップやインストラクター選びは大変重要な要素になるので、

失敗したくなければ各旅行会社が発行してるパンフレットやホームページで紹介されてる優良ショップのリストから選ぶのがベストになります。

大抵優良ショップと認定されてるダイビング教室は店の雰囲気が明るいだけでなく、スタッフの接客も一流で且つレッスン中の実際の写真やレポートも豊富に掲載されていて実際の講座のイメージも大変掴みやすくなってるので、初心者は是非チェックを欠かさないようにしましょう。

家族旅行と沖縄のダイビング

2016年4月15日 at 6:51 PM

沖縄には一回だけ行ったことがありましたが、つい最近また行く機会に恵まれました。丁度子供が小学生になったということでいい機会と夫が言い出したこともありましたが、それでやはり沖縄に来たからにはダイビングをしようと提案されました。正直なところ自分は泳ぐのが苦手であり潜るのにはかなりの不安がありましたが、どうやらシュノーケリングでもOKということもありまして、それなら大丈夫かなと思いました。沖縄のダイビングショップなどを検索してみると、やはり子供が小学生ということで今回は三人でシュノーケリングのコースを選びました。

あとは場所なのですが、色々と検討した結果として青の洞窟がやはり良いなと思いました。実際にかなり近場のスポットであり、それでいてテレビなどで見たあの神秘的な光景を一度この目で見てみたいと思ったのもありました。それで沖縄に行って観光をした翌日にいよいよ初のシュノーケリングとなりましたが、インストラクターさんも女性にとても優しい指導をしてくれました。そしていよいよ青の洞窟での初ダイビングとなりましたが、いやあ凄いという言葉しか生まれませんでしたね。本当に暗がりの中でも沖縄の光る青さが照らされていて、その中で泳ぐ魚を一緒に潜るという経験はもう最高でしたね。その青の洞窟で潜っている三人の記念写真を撮ってもらいましたが、今でも家に飾っています。とにかく日本にもこんなに凄い自然があるんだなと驚きました。

沖縄にはダイビング以外にも魅力が

2016年4月7日 at 6:51 PM

ダイビングが好きという人で沖縄でダイビングをしたことがない人は、あまりいないのではないでしょうか。

最近好きになったというのなら話は別かもしれませんが、好きになって長いのに沖縄でダイビングをしたことがないというのは、本当に好きな人からすると、この人は本当にダイビングが好きなのだろうかと思われそうな気がします。

それも無理は無いかもしれません。

沖縄には、ダイビングをする人にはたまらないスポットがたくさんあります。

ベタなところもありますし、知っている人しか知らないようなところもあるでしょう。

全部行こうと思ったらキリがないかもしれませんし、網羅した人もいるでしょう。

おそらく、沖縄のダイビングスポットは凄く多いと思います。

普通に考えたら多すぎて、一気にはとても行けないと思います。

だから、何回も行く人が多いのかもしれませんね。

それに沖縄は、ダイビング以外にも旅行の目的になりそうなことがたくさんあります。

私の友人もよく沖縄にダイビングをしに行くのですが、食事も楽しみの1つだとよく言ってます。

ダイビングの他にも楽しみがあるから行きやすいというのは、あるかもしれませんね。

さすが観光地というかんじでしょうか。

ダイビングだけなら躊躇する人もいるかもしれませんが、他にも魅力的なところがあると行きやすいと思います。

沖縄旅行で気ままにダイビング

2016年3月22日 at 6:50 PM

沖縄旅行に行かれる際、何をされますか?

美ら海水族館やパイナップルパークに行ったり、琉球ガラスを作ったり色々な体験ができることかと思います。

沖縄と言えば青い海!

私は沖縄に行く時は毎回ダイビングをしています。

ダイビングってライセンスがなければ出来ないのでは?

心配ありません!

観光客用に体験ダイビングという形で潜ることができるのです。

ライセンスがなくても、ダイビング用品を持ってなくても青の洞窟で色とりどりの魚と触れ合うことができるのです。

インターネットで探すと、体験ダイビングがやれるショップが出てきます。

1日1万円くらいでダイビングができます。そこを予約し、レンタカーを借りショップまで行きます。持ち物は水着とバスタオル。

このダイビングは2〜3人のグループに1人、インストラクターがつきます。

装備器具の着用から呼吸の仕方まで説明してくれ、手を引いて海の中を案内してくれます。

晴れてると、それはそれは綺麗です。

海の中で写真を撮ったり、エサをあげて魚と戯れたり、地上ではできない体験をする事が出来ます。

意外と魚のくちばしは痛いです。

ウツボやサメなんかも泳いでたりしますが、基本的には安全です。

20分程度泳ぐと海上にあがって、終わりとなります。

泳げない人でもインストラクターが手を引っ張ってくれるので大丈夫です。

沖縄旅行に行かれる際は是非、ダイビングをやってみてください。

ダイビング初心者が揃えるべき器材と選び方

2016年3月13日 at 6:50 PM

沖縄ダイビングなどに行ってライセンスを取る際にショップから勧められるのが器材のレンタルや購入です。もちろん器材は必要なのですが、購入となると戸惑ってしまうこともあるでしょう。これからも沖縄のリゾート地に行って海で泳ぐという人であれば、マスクやフィン、シュノーケルくらいは揃えておいた方が良いです。これらの器具があれば深い海は潜れなくても浅い海ではシュノーケリングを楽しめるからです。

また岩場の近くを潜るという時はグローブがあればなお良いです。またマスクを買う時は安物を買うと失敗しやすいので、顔のサイズに合ったものを選ぶことが肝心です。特に外国製のマスクになると鼻が高い人用に設計されており、日本人の顔には合わない可能性があります。

マスクが合わないと、すぐに顔に水が入ってくるようになりとても不便です。マスクを顔に当てて呼吸した時にピッタリ吸い付くものが理想的です。またフィンは足の筋力に応じて適切な硬さが変わってくるので、できれば試着して泳いでみることをオススメします。初心者は小さいフィンの方が蹴りやすいでしょう。シュノーケルは安くても高くてもあまり変わりませんのでデザイン等で選ぶ人が多くなっています。

またドライスーツに関してはテーラーメイドが一番ですが、そこそこ値段が張るので、年に1,2回しか沖縄で泳がないという人は必要ないかもしれません。ただ自前のドライスーツの方が体にフィットしやすいですし、衛生面のことを考えると安心感があります。サーフィンや水上ボートなどのダイビング以外のマリンスポーツをする場合は持っておいて損はないでしょう。

お子様でも安心。ケラマブルーの海でシュノーケリング!

2016年2月23日 at 6:49 PM

2014年3月5日に「国立公園」に指定され、ますます注目が集まっている慶良間諸島。では、慶良間諸島とはどんなところで、どんな魅力があるのでしょうか。

まず、慶良間諸島とは、沖縄県那覇市の西約40㎞の地点に点在する島しょ群です。中でも中心となる渡嘉敷島と座間味島が有名ですね。

そして慶良間の魅力といえば、やはり海!「ケラマブルー」と称されるその海は、世界有数の透明度を誇ります。その透明な海の中には、色とりどりの熱帯魚の群れと美しいサンゴ礁が広がっています。

また、国立公園に指定されてからは、日本国内だけでなく海外からの観光客も増え、ビーチでは外国のリゾート地を訪れたような気分を味わえるかもしれません。

そして、慶良間の海の一番のおススメポイントは、ウミガメとの遭遇率の高さです。ウミガメのエサになる海藻が浅瀬の方まで生えているため、ダイビングライセンスを持っていなくても、シュノーケリングでウミガメと遭遇する可能性が十分あります。シュノーケリングは特別な技術がなくても、道具があればお子様でも可能です。慶良間諸島を訪れた際には、ビーチで泳ぐだけではなく、シュノーケリングをおススメします。ゴーグルで初めて海の中を覗き込んだときは、その美しさに目を見張ることでしょう。シュノーケリングの道具は、ダイビングショップやビーチハウスでレンタルすることができます。美しいケラマブルーをぜひその目で体感してください。